格安航空券の国内往復パックはお得なのか?気になる情報満載!

- 飛行機は身近な存在になった。

飛行機は身近な存在になった。

外国への旅行が身近になった今、早期に予約をすることで格安航空券として航空チケットが買える時代になりました。
LCCと言う母体の参入により、大手航空会社も最安値を目指し奮闘しています。
このように空の旅が大変身近になった今だからこそ、国内海外問わず旅行に繰り出す人が増えています。
海外からの観光客が大幅に増え続けているのも、格安航空券の存在が大きく影響しています。


飛行機で旅行に行こう

世界の中で最も安全な乗り物として知られているのは飛行機です。
飛行機に採用されている技術も進み、より安全に空の旅が楽しめる時代になりました。
またLCCが日本の航空に参入したことがきっかけで、大幅にチケット代が安くなり飛行機の存在はより身近なものに変わりました。
アジア圏内の国なら片道数時間でいける場所もたくさんあります。
このように飛行機を利用することで海外の存在が身近になるだけではなく、国内の移動時間も大幅に短縮できるようになります。
航空チケットは高級なものから姿を変え、今は簡単に手に入る存在と生まれ変わりました。

時間に余裕を持とう!

旅行に行った時、誰もが感じるのが「もう少し時間があれば色々観れたのに」と言う気持ちです。
これは新幹線や電車で移動したり、車で移動をすることで生じる必然的なことだと言えます。
少しでも時間に余裕を持たせるためには、一番長い移動距離をどれだけ短縮できるかにかかってきます。
これを可能にしてくれるのが飛行機です。
飛行機は国内の移動なら数時間で移動できます。
もちろん悪天候の場合は欠航してしまう場合はありますが、ほとんどの場合は目的地に向かって運行されています。
観光で訪れたい場所は公共機関で移動したほうが早いのか、飛行機で移動したほうが早いのか確かめることが時間を有効に使うための最低条件になります。

割引プランを活用しよう!

飛行機を激安で利用するためには幾つかの方法があります。
何ヶ月も前から航空チケットを予約することで割引される早期予約プランや旅行会社と共同で企画されている旅行プランなどがあります。
これらのプランを上手に利用することで航空チケット代を安くし、格安航空券を手にすることができます。
特にLCCの場合は驚くほどの値段で航空チケットを購入することができます。
早期予約割引を使えば3000円〜7000円の間で航空チケットを買うことができます。
中には大服で10000円以内で買えてしまう場合もあります。
このように利用者にとってとても嬉しいプランがたくさんあります。
航空会社は利用者を獲得するために旅行会社と協力し、次々と新しい旅行プランを発表しています。
航空チケットと宿泊ホテルのセットになっているプランはとてもお得になっているものが多くあります。
例えば航空チケットが往復で20000円、ホテル宿泊1泊7000円で2泊すると仮定して14000円だとします。
この時点で合計金額が34000円になります。
しかし、航空会社と旅行会社が協力し売り出しているプランを利用すると、25000円ほどで航空チケットと宿泊代込みで買うことができます。
中にはさらに安いプランがたくさんあります。
このように、現在売り出されているプランをうまく使うことで無駄なお金を節約し、浮いたお金を観光地で使うことができるようになります。

早期予約は絶対にお得!

航空チケットを買う時に忘れてはいけないことがあります。
それは格安な航空チケットを買うということです。
早期予約で安く買えるシステムを利用しない手はありません。
前もってわかっている場合は何ヶ月も先から航空チケット予約することで、割引率が大きく変わってきます。
安い航空券のイメージはLCCが色濃くあるかもしれません。
しかし、この早期割引は大手航空会社にも存在します。
もちろんLCCに比べると値段は少し高くなりますが運行に使われている飛行機の大きさやサービスは大きく異なります。
大手航空会社の飛行機の座席は大きく、ゆったりとした空間を満喫できます。
一歩LCCは座席が狭く、飛行機を降りる時には身体の疲れが大きく出てきます。
サービスの面でも大きく異なります。
大手航空会社では無料で提供しているサービスはLCCでは有料になっていることが多くあります。
これらを踏まえた上で利用する航空会社を選ぶといいでしょう。

まとめ

LCCの参入より、飛行機の存在は大変身近なものになったとこは言うまでもありません。
今まで考えられなかったような料金で飛行機が利用できるようになりました。
しかし航空チケット代が安い分、機内で提供されているサービスが有料化になってしまっているのもLCCの特徴の一つだと言えます。
一方、大手航空会社はLCCの参入による客離れを抑えるために色々なプランやサービスを提供しています。
早期予約割引の割引率を増やしたり、旅行会社と共同で格安なプランを開発したりと企業努力をしています。
このように飛行機を交通の手段だとして使う利用者側にとって選択肢が日々増えていると言えます。
LCCと大手航空会社は目的に応じて使い分けれる時代に突入しました。
国内ならLCCを利用し、海外には大手航空会社を利用するなど選択肢があります。
今までは飛行機を利用できるのは富裕層だけというイメージは変わり、一般の人も気軽に利用できる空の交通に姿を変えつつあるのが現実です。
目的に応じて利用する航空会社を選ぶのが一番のポイントになると言えます。